とあるSEの備忘録

音楽が大好きなとあるSEの備忘録です。プログラムから、音楽、雑記をあげていきます。

帳簿と賃借と、ときどき仕訳

会社の儲けや、個々の取引内容を把握するにはどうすれば良いんでしょうか。

 

昔ながらの管理法として、帳簿があります。

帳簿と聞くと、僕自身、真っ先に思い浮かべるのは「家計簿」ですね。

収入と支出を書くだけの簡易的なものです。

 

例えば、

・家賃 30,000円 支出

・銀行から借入れ 80,000円 収入

といった感じです。

 

このように、残高が減った増えたを「支出」と「収入」で表す帳簿の形式を

単式簿記といいます。

 

ただ、この単式簿記では家賃の支出で何が減ったのかわかりませんね。

預金が減ったんでしょうか、それとも現金?

 

次に収入がありますが、これは借金ですね。

収入と呼んでいいのか怪しい上に、このままだと

気が付かないうちに借金だらけになりそうです。

怖いですね。

 

そこで、「収入」と「支出」だけで管理せずに

何が原因で現金が減ったのか、または増えたのかを管理出来る帳簿があります。

それが複式簿記です。

 

試しに上記の取引を複式簿記で書いてみます。

 

借方       | 貸方

家賃 30,000円  | 現金 30,000円

現金 80,000円  | 借入金 80,000円

 

これで、家賃の30,000円が現金で支払われ、

借入金で80,000円増えたことがわかります。

このように、複式簿記は個々の取引を「原因」「結果」という

2つの側面から捉えます。

 

原因:家賃の支払い

結果:現金が30,000円減る

 

といった具合です。

 

そして、複式簿記のように、

取引内容を二面的に分解することを仕訳といいます。

仕訳では、取引を「借方」「貸方」に分けます。

 

今日は一旦ここまで!